流動層乾燥機のモニタリング

乾燥流動層は固体粒子を乾燥させるために非常に効果的な方法です。粒子を熱風の中に浮遊させて粒子表面をさらすことにより、熱伝達効率を高めて乾燥時間を短縮させます。連続かつ徹底した攪拌と出入り口の乾燥空気の制御により、製品の均一な温度と乾燥が実現できます。

乾燥工程の最適化には、乾燥する空気の正確な湿度モニタリングが必要です。条件は湿度と温度によって変わることがあります。特に製薬産業などの多くの乾燥工程では、高レベルの蒸着溶媒と化学物質が排気に含まれています。したがって、非常に安定性の高いセンサ技術が求められます。最も厳しい条件の場合には、流動層の出口が危険区域とみなされ、本質安全防爆機器が必要になります。

噴霧乾燥または別のタイプの熱風乾燥機を使用していますか? 乾燥工程を最適化することで、エネルギーと費用をどのように節約できるか、インタラクティブオンライン乾燥機をお試しいただき、ご確認ください。

ヴァイサラは、厳しい条件も満たす幅広い製品ラインナップを提供しています。

関連ストーリー