CO2冷媒のモニタリング

二酸化炭素(CO2、R744)は、不燃性で低コストの天然冷媒であり、従来のハイドロフルオロカーボン(HFC)と比較して、直接の地球温暖化への直接的な影響やオゾン層破壊の可能性は軽微です。CO2冷媒は、冷蔵業界で広く使用されるようになってきています。

高濃度のCO2は健康を害する可能性があるので、冷媒の漏出が起こる可能性がある場所ではCO2濃度をモニタリングする必要があります。

関連製品

Vaisala CARBOCAP® Carbon Dioxide Probe GMP251

GMP251 CO₂プローブ

ライフサイエンス用インキュベータ、冷蔵室など要件が厳しい用途における高濃度計測用
ヴァイサラCARBOCAP®...
CO2 Probe is suitable for harsh and humid CO2 measurement environments

GMP252 CO₂プローブ

農業、CO₂冷媒、温室、デマンド制御空調などの用途におけるppmレベル計測用
ヴァイサラCARBOCAP® GMP252...

関連事例