恒温恒湿チャンバーの湿度温度計測

低公害車用バッテリー、開閉装置、コネクタ、光ファイバー、携帯電話、医薬品、各種の電子機器やケーブルといった製品の品質を保証する試験チャンバーは、工業生産において非常に重要です。チャンバーの種類は多様で、小さいものから、人が入れる大きさのもの、車が入れる大きさのものまであります。

チャンバー内の環境は制御できますが、正確な計測データが必要です。通常、計測モジュールはチャンバーの後壁に設置されますが、チャンバーの精度と実施される試験の信頼性を定義するものであるため、装置の最も重要な要素の 1 つとしてコンポーネントボードに組み込まれています。+85°C、相対湿度85%における試験は非常に一般的ですが、より条件の厳しい +95°C、相対湿度95%における試験に移行しつつあります。このような試験を行うには、その厳しい条件に耐えるだけでなく何年にもわたって信頼性の高い、正確な計測を提供できるヴァイサラ HUMICAP®のような計測技術が必要です。

Environmental Chamber
  • 事実上メンテナンスフリーのHMM100 湿度変換モジュールは、環境試験槽への組み込みに適したオープンフレームモジュールです。高精度なヴァイサラ HUMICAP® 180センサを搭載しています。
  • OEM用途向けに最適なオープンフレームのHMM105 デジタル湿度モジュール
  • ヴァイサラは湿度温度試験チャンバーメーカー向けに、堅牢で信頼性の高いモジュールを開発しました。このモジュールは、プローブの加温機能やケミカルパージ機能などにより、厳しい環境下でも耐性を発揮します。ヴァイサラ HMM170 湿度温度モジュールの詳細をご確認ください。