Biogas Production Planner

バイオガスプラントは正常に稼動していますか?

バイオガスは、人類や地球に大きな利益をもたらす可能性を秘めています。しかし、バイオガスプラントは効率性にまだ改善の余地があります。一般的なバイオガスプラントは、最適な条件で稼動すれば生産量が大きく向上すると予測されています。この解決策は、信頼性の高いバイオガス計測です。ヴァイサラは取り付けや使用が非常に簡単で、3項目が計測可能なセンサプローブを発売しました。バイオガス精製を最適化する準備は整っていますか?

ビデオを視聴

廃棄物を価値あるものに

廃棄物を価値あるものに

バイオガスを精製するプロセスは有機的なため不安定です。プロセス全体の管理を改善するほど不安定さに対応でき、さらなる効率化につながります。

収益の増加

廃棄物の価値を最大化: 安定したオンライン計測によって適切なタイミングで対処することで、メタン(CH4) の濃度とバイオガスの品質向上を実現します。

 

 

  

 

 

 

Biogas Plant

運用費用の削減

バイオガスプラントメーカーとインテグレータにとっては、腐食や故障が発生しないようにCHP(コージェネレーション)を高湿度から保護することがきわめて重要です。

  • 湿度条件を抑えることで活性炭フィルタの交換間隔を延ばすことができます。
  • CHPに湿性ガスが原因の摩耗や機能停止が発生しないように防ぐことはコスト削減につながります。
  • ガスの品質の的確な把握に役立ちます。

インラインで容易に直接計測

ヴァイサラ MGP261 の主な特長は、取り扱いが非常に簡単なことです。自動補正機能があり、サンプリングは不要です。プロセスの向上を実現します。

優れた安定性

  • メタン、CO2、水分を計測するプローブのみ
  • 自動補正によってコストのかかる校正作業を大幅に削減
  • 高湿度でも使用可能な加温プローブ
  • 腐食に強い高耐久性フィルタ

取り付けが簡単

  • ガス配管に簡単に取り付けが可能
  • あらゆるシステムに適合
  • 防爆認証
  • 分散制御システムに統合

操作が簡単

  • 軽量で堅牢な設計
  • サンプリングや湿気の除去が不要
  • ポンプやガス校正シリンダーが不要
Antti Heikkilä, Vaisala

エキスパートセミナー

バイオガスプロセスにおいて継続的にインラインでメタンと湿度の計測を行うメリットをご説明します。また、ダウンタイムと修理を最小限に抑えながらバイオガスプラントの収益と効率を向上させる方法もご紹介します。

いつでも無料でご視聴いただけるオンデマンドウェブセミナー(英語版)をご活用ください。

計測で持続可能な未来を

ヴァイサラは地球上、さらには宇宙における、最も過酷な条件での計測に豊富な経験があります。ヴァイサラの湿度計測などの専門技術はバイオガス業界をはじめ、さまざまな業界において高く評価されています。

関連事例