データセンターの環境モニタリング

データセンターの温度と湿度を制御するための正確な計測機器

データセンターを低温に保つ方法に関するガイドをダウンロード

適切な温度と湿度のレベルを維持するのに重要な安定した計測機器

データセンターは、効率的で信頼性の高いソフトウェアの運用が事業の成功に大きく関わる会社の頭脳と言えます。膨大な数のハードウェアが1か所に集結されているため、データセンターを低温に保ち、外部と内部の環境の影響から保護する必要があります。結果として、データセンターは大量のエネルギーを消費します。どうすればエネルギー効率とPUE(電力使用効率)を改善できるでしょうか。

適切に計測しましょう。冷却コストを抑えるうえで最も重要な要件となるのは、まず環境を適切に計測することです。計測機器の性能を超えてデータセンターの温度管理の戦略を立てることはできず、計測の小さな誤差でさえ光熱費を大幅に上昇させます。

賢く設計しましょう。たとえば、エアサイドエコノマイザーや蒸発冷却器を活用することはできるでしょうか。計測機器に適した湿度パラメータを選択し、問題となっている計測場所向けに設計された計測機器を選択します。

計測機器を良好な状態に保ちましょう。どのような計測機器も定期的なチェックが必要です。長期使用時のドリフトが最も少なく、メンテナンスが容易な計測機器を選択し、データセンターの堅牢なサービスと校正の計画を立てます。

アプリケーションノートのダウンロード

 

データに基づいた意思決定による収益性の改善

容量と速度に対する需要の高まりを受け、データセンター業界は拡張と最適化を進めており、そのために使用されている機器を確実に動作させるには特定の環境条件が求められます。また、需要の増大に伴って、断続的な運用の必要性が生じています。センサのネットワークによって、オペレータは常に状態を監視して顧客に保証を提供できるようになります。

ブログを読む

 

最大稼働時間の実現

データに対する需要が高まると、データセンターの稼働時間に対する期待も高まります。稼働時間を高く維持するには、データセンターを低温に保つことが不可欠であり、これに役立つのが正確なHVAC計測です。

HVAC製品を見る

屋外の状態を計測することで可能となる屋内の状態の最適化

場所や地域の気候に応じて、さまざまな方法でデータセンターを冷却することができます。冷却には大量のエネルギーを消費しますが、地域の気候の変化を考慮に入れることで、消費を最適化することができます。WXT530シリーズ ウェザートランスミッターは、屋内の状態を最適化するのに役立ちます。同シリーズのトランスミッターは、データセンターの制御システムと簡単に統合することが可能です。

WXT530の詳細を見る

エキスパートから学ぶ

無料のオンデマンドウェビナーで、ダウンタイムと修理を最小限に抑えながら、データセンターの冷却プロセスの改善方法やサーバールームの収益と効率を上げる方法をご覧いただけます。

今すぐ登録する

信頼性、一貫性、精度を実現

重要な環境では、一貫した仕様範囲内の運転のために高性能の環境モニタリングと計測が必要となります。データセンターは24時間年中無休で稼働することを想定しているので、障害は許されません。小さな計測誤差でも光熱費の大幅な増加につながる可能性があるため、信頼性の高いセンサの重要性が増します。

容易なメンテナンス

  • 容易な現場点検
  • 交換可能なプローブ
  • 年中無休の校正サービス

高い精度と安定性

  • 正確な制御を実現可能
  • 抜群の長期安定性
  • 低い総所有コスト

工場で校正済み

  • 世界クラスのセンサ技術
  • 実証済みの精度
  • トレーサブルな英文校正証明書付

関連製品

詳細に関するお問い合わせ

データセンターのソリューションの提供について詳しくお知りになりたい方は、是非お問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

お問い合わせはこちら