建設資材の製造の乾燥工程での水蒸気の計測

乾燥は、タイル、レンガ、石こうボードなど、さまざまな建材の製造に不可欠なプロセスです。通常、乾燥させる材料は直接計測することはせず、むしろ間接的に処理空気中の水蒸気を計測します。

多くの場合、最終製品に望まれる性質が得られるまで材料を十分に乾燥させることに加え、余分なエネルギー消費の原因になる過剰乾燥を避けることが課題になります。

ヴァイサラは、乾燥工程における厳しい条件に耐えられるよう設計された製品を提供しています。極めて高温多湿な環境の用途における多様なニーズを満たすオプションも用意しています。下にスクロールして関連製品と事例をご覧ください。

関連製品

CWL100 loggers with probes HMP63 and HMP110

CWL100 Wireless Data Logger

for monitoring humidity and temperature
CWL100 Cloud Wireless Data Logger is part of the Vaisala Jade Smart Cloud monitoring system. It is used to...

関連事例

産業施設での HMP9 プローブ付き Indigo200 変換器
Blog | Apr 3, 2020

湿度センサの重要性

湿度センサの進化、その仕組み、およびヴァイサラHUMICAP センサで湿度をモニタリングする方法についてご紹介します。
続きを読む
セラミックタイル製造
Blog | Jan 21, 2019

結露しやすい環境での湿度計測

相対湿度が高い(90%を超える)環境で計測する場合、環境が飽和状態に非常に近いため、常に課題がつきまといます。例えば60°C、95%RHのプロセス環境を考えてみましょう。この場合の露点温度は59°Cであり、これは59°C以下の温度の表面で水蒸気が結露することを意味します...
続きを読む