燃料電池

湿度プローブの加温技術を使って効率と寿命を最大化する

高分子電解質膜(PEM)燃料電池は、水素経済において重要な技術です。PEM燃料電池の作動温度(100°C未満)は低いため、発電、車両、公共交通機関など多くの用途において有用性があります。

PEM 燃料電池の効率と寿命は、正確な温度と湿度の制御に大きく依存します。このアプリケーションではセンサは通常、相対湿度が80%を超える高湿度環境にあります。これは常に結露のリスクにさらされている困難な環境です。結露が発生すると、正しい計測値を読み取れなくなり、センサが乾燥して正しく計測を開始するまでには長い時間を要する場合があります。ヴァイサラの加温プローブ技術は、この問題を回避するための最適なソリューションです。加温プローブは、センサが常にプロセス温度(周囲温度)より高い温度で保たれています。

フィンランドの主要な研究機関のひとつであるVTTは、低温(PEM)および高温(SOFC)燃料電池の両方を研究しています。VTTでは、ヴァイサラの湿度計測器であるHUMICAP® HMT310FHMT337を活用しており、この度新たに、Indigo製品シリーズの新製品であるHUMICAP® HMP7 湿度温度プローブも採用しました。また、燃料電池関連の研究にはCO2変換器であるGMP343も活用しています。

詳細については、関連する VTT の参考事例が記載されたアプリケーションノート「最適な水分管理で燃料電池の効率と寿命を最大化するために」(pdf)をダウンロードしてください。

常時高湿度または急速な湿度変化が伴う用途向けに設計された、新しいヴァイサラ HUMICAP® HMP7 湿度温度プローブの詳細もご覧ください。