温室環境のモニタリング

ヴァイサラは、温室環境のCO2、相対湿度、温度の計測器を提供しています。ヴァイサラの屋外変換器ポートフォリオには、風力、降水、さまざまな湿度パラメータ、温度を計測する製品が含まれています。屋外変換器は、ほとんどの気候に適した広範な動作温度範囲、柔軟な設置オプション、風雨から保護するための太陽光・放射線シールドを備えています。

温室環境は、植物の成長のために条件が最適化された閉ざされた環境です。最適な制御を行うためには、屋内と屋外のどちらの環境からも情報が必要です。通常、温室環境では二酸化炭素(CO2)、相対湿度、温度が計測されます。屋外の計測項目には、風速、風向、雨、日射などがあります。

植物は成長に二酸化炭素を必要とし、CO2と水から炭水化物を生成、光合成反応に二酸化炭素を使用します。温室での生産性は、日中または人工光下でバーナーを使って生成したCO2またはボンベのCO2を使用して、適切にCO2を施肥することにより向上させることができます。最適なCO2条件は、植物と温室内の光条件によって異なります。温室内の光強度が低下すると、光合成の速度が低下し、CO2消費量が減少します。CO2の使用量が多すぎるとコストが不必要に増加し、作物に害を及ぼすこともあります。

換気は屋内農業において重要な役割を果たします。デマンド制御空調(DCV)により換気装置の運転を 1 日の一定期間のみにすることで、エネルギー効率の面で大きなメリットを得ることができます。また、DCVを使用することでエネルギーの節約だけでなく、過剰換気も防止できます。最小限のエネルギー使用で、十分かつ最適な換気を実現できるのです。

Growing lettuce in a greenhouse

同じ考え方が温室にも当てはまります。植物がより多くの光にさらされ光合成が活発である日中は、DCVを使用してCO2レベルを最適化し、成長を最大化することができます。特定の植物に最適な条件がわかっている場合は、換気およびCO2レベルを常時最適化できます。対照的に、CO2計測のない時間ベースの制御システムでは、植物が必要としている量に関係なく、時刻に基づいて同量のCO2を供給するだけです。

ヴァイサラは、温室環境のCO2、相対湿度、温度の計測器を提供しています。ヴァイサラの屋外設置向け変換器のラインナップには、風力、降水、さまざまな湿度パラメータ、温度を計測する製品が含まれています。屋外変換器は、ほとんどの気候に適した広範な動作温度範囲、柔軟な設置オプション、風雨から保護するための太陽光・放射線シールドを備えています。

植物の成長を最適化する温室CO2計測についての資料はこちらからダウンロードいただけます。

また、10年以上研究用温室にヴァイサラのCO2センサを使用しているオランダのワーゲニンゲン大学の事例についてもご覧いただけます。

関連製品

CO2 Probe is suitable for harsh and humid CO2 measurement environments

GMP252 CO₂プローブ

農業、CO₂冷媒、温室、デマンド制御空調などの用途におけるppmレベル計測用
ヴァイサラCARBOCAP® GMP252...

関連事例

産業施設での HMP9 プローブ付き Indigo200 変換器
Blog | Apr 3, 2020

湿度センサの重要性

湿度センサの進化、その仕組み、およびヴァイサラHUMICAP センサで湿度をモニタリングする方法についてご紹介します。
続きを読む
CO₂ の計測方法
Blog | Oct 24, 2018

CO₂計測が重要である理由

このブログでは、オフィスビル内などの室内空気、温室内、インキュベータ内それぞれのCO₂計測とその重要性についてご紹介します。
続きを読む