オーブンのモニタリング

ベーキングと乾燥の多くの工程において、製造メーカーは適切な条件を整えることで競争力が得られます。例えば製パンやシリアル製造などの分野で最終製品の高い品質と生産量を維持するには、乾燥機やオーブンの湿度を細かく制御する必要があります。

アプリケーションノートをダウンロードベーカリーアプリケーション使用における必要事項 (pdf) を参照して詳細をお読みいただくか、製品パンフレット ヴァイサラの飲食産業向け湿度、温度、二酸化炭素トランスミッタ (pdf) をご覧いただき、飲食産業全般にご提供している当社製品をご確認ください。

Perfect croissants



多くの高温ベーキングや乾燥プロセスでは、適正条件を満たせるかどうかが調理品質に優劣の差を生みます。最高350°C(662 °F)の高温度と高湿度の組み合わせは、測定装置が超えるべきハードルになります。こうした条件をクリアできる装置は非常にまれにしか存在しません。

 

 

Girl in a bakery

相対湿度と露点を測定する

 

多くの高温ベーキングと乾燥プロセスにおいては、湿度の測定には安定性、信頼性、正確性を確保できるだけでなく、使いやすさやフレキシブルな設定も可能な専門的な機器を必要とします。

たとえば、乾燥機の入口と出口部分の空気の湿度と温度を測定できるヴァイサラの湿度・温度トランスミッタを使えば、脱塩ホエイの乾燥を最適化することができます。入口部分の空気の湿度データはプロセス管理に使用される一方で、出口部分の空気の湿度データはパウダーの水分量と相関することから、出来上りの品質を測る指標として使用することができます。これで過剰な乾燥を避けられ、時間の節約と省エネにつながります。

関連製品

関連事例

産業施設での HMP9 プローブ付き Indigo200 変換器
Blog | Apr 3, 2020

湿度センサの重要性

湿度センサの進化、その仕組み、およびヴァイサラHUMICAP センサで湿度をモニタリングする方法についてご紹介します。
続きを読む
湿度管理
Blog | Oct 25, 2018

相対湿度 – その定義と重要な理由

相対湿度 – その定義と重要な理由 相対湿度の基本情報 相対湿度(RH)とは、簡単に言うと、空気の水蒸気含有量を表す尺度です。より明確に言えば、相対湿度(RH)とは、空気中に存在する水蒸気の量を、同一温度で飽和状態にさせるのに必要な量に対する割合(%RH)で表したものです。...
続きを読む