製紙工場の排気フード

排気フードから放出される空気の湿度の計測

​製紙工業では、例えば印刷などの用途に合わせて、紙に含まれる水分を最適なレベルに管理することが重要です。通常、製紙された大量の紙は直接計測されず、製紙工程では、排気口の大気計測によって間接的に乾燥工程をモニタリングし、管理しています。これによって排気口の湿度が過剰になることを防いでいます。高温時で結露が発生するリスクがあるときに、この計測は特に難しいものになります。

ヴァイサラは異なるドライヤータイプに合わせた、設置型の湿度変換器を、設置式の機器の性能を検証・スポットチェックするためのハンドセットタイプがあります。

関連事例

湿度管理
Blog | Oct 25, 2018

相対湿度 – その定義と重要な理由

基本情報 相対湿度(RH)とは、簡単に言うと、空気の水蒸気含有量を表す尺度です。より明確に言えば、相対湿度(RH)とは、空気中に存在する水蒸気の量を、同一温度で飽和状態にさせるのに必要な量に対する割合(%RH)で表したものです。 RHは温度に強く比例し、温度変化に非常に敏感です。これは...
続きを読む