「次世代型ワイヤレス環境モニタリングシステム/設計の自由度がもたらすリアルライフの変化」

概要:
医薬品市場における温度管理はGMPの歴史と共に技術的変遷を遂げ、GDP発出を経て更なる技術進歩を遂げています。技術進歩の背景のひとつに保管エリアにおける温度管理の重要性がより高まり、効率的且つ自由度の高い環境モニタリングシステムが求められたことが大きな要因です。
発展を大きく遂げた無線技術をベースにした環境モニタリングシステムは、従来のシステム設計で抱える課題を時代のニーズに合わせ最短距離で解決することができます。
また、医薬品特性の変化による温度管理の重要性の高まり、規制要件の厳格化が進む時代においては、ストレスなく操作できるアプリケーションソフトウエアが日常管理や査察時にもたらす効果も重要となりつつあります。ヴァイサラが昨年11月に発売した独自技術のVainet無線環境モニタリングシステムの長距離電波特性がもたらす設計の自由度また、新たな概念による無線ロガーとアクセスポイントがもたらす設備への効果、導入後の校正に至るまでのライフサイクル全般を含めた観点からその影響につき解説します。
 

開催日時:
2021年2月24日(水)15:00 ~
(14:45よりログイン開始)

本フォームを送信いただいた場合は、当社のプライバシーポリシーにご同意されたものとしてみなします。予めご了承ください。
配信内容の管理は こちらから。
Webinar Speaker: Yasuyuki Uoji

Speaker

魚路康幸
セールスマネージャー 

医薬品業界向けマッピング、環境モニタリングシステムの東日本地区のセールス担当。GxP規制要件を踏まえた査察対応への提案と業務改善のための提案をします。