大気環境の世界的な重要性

80
%

大気環境が許容水準を下回る地域で生活している世界人口の割合(WHOより)

2,250
億ドル

大気汚染による世界の経済損失の推定

8
か月

大気中の微小粒子状物質(PM2.5)により、EUにおける平均寿命が8か月以上縮むと予想されている

ビデオを視聴

ヴァイサラのセンサ技術 - 大気環境改善のために

大気環境の測定は気象の理解から始まる

高性能の大気環境トランスミッターのネットワークから取得したデータを主要な気象観測項目と組み合わせることで、大気汚染を予測することができます。

大気汚染の度合いは、気象条件によっても左右されます。自然が本来持つ空気調節機能により、大気はある程度きれいに保たれます。風によって気体が混ざり希釈され、雨によって粉塵などの物質が地面に洗い流されます。

しかし、強い風が汚染物質を数百キロ移動させるのに対して、風が弱い環境下では、汚染物質は一定の場所に蓄積大気汚染が進みます。雨もまた環境を汚染することがあります。硫黄酸化物や窒素酸化物などの酸性の成分が大気中から地面に降り注ぐことで環境汚染が生じます。

そのため、単に大気汚染そのものを測定するだけでは、あまり情報が得られません。大気環境が日々変動する理由を理解するには、温度、雨、湿度などの気象条件も計測する必要があります。

大気環境に関する資料

関連製品

関連事例